開業医の方におすすめの不動産投資ですが、実際に投資する上で重要なのが新築物件への投資か、あるいは中古物件への投資か、ということです。
どちらにせよ一長一短のメリットやデメリットはあるものですので、今回はそれらをわかりやすく簡単にご紹介してまいりたいと思います。

中古物件におけるメリットとデメリット

リスクをとって高い利回りにチャレンジすることができる、また、安定するよりも多くの収益を目指したい方に向いていると言えます。

というのも、新築と比べると中古物件自体の安定性は低いと見なされることが多いもの。

金融機関からしても物件評価が高くなることも少なく、融資不可能とされる事も多いのです。

そのため、運用するにあたってはまとまった自己資金が必要というのが一般的な見方と言えるでしょう。

ただ、昨今はゲストハウス運営などのために中古物件に対して投資を行う方もかなり増えており、新たな活用法が見いだされてきていると言えるかもしれません。

また、新築と比べると税制上のメリットが小さいというのは、デメリットとして挙げられるかもしれませんね。

節税効果に関してはやはり新築の方が大きいのです。

しかし、修繕費の経費算入が可能ですので、うまく運用すれば節税効果を充分に上げる事も可能と言えるでしょう。