開業医の方におすすめしたい資産運用上での不動産投資のメリットとして、最後にご紹介したいのは福利厚生費用として計上するためのテクニックについてです。

不動産投資と福利厚生が一体どういう関係にあるの?と頭が少しハテナになる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は投資した不動産を従業員に貸すことにより、そこに必要となった費用を経費に算入することができるのです。

福利厚生費名目を利用した不動産投資

こういった仕組みを利用したものとして、似たものを挙げるとすれば借り上げ住宅の存在がそうですね。

会社名義で借りたものを従業員に貸す際に、家賃を福利厚生費として計上できるのは一般的にも知られているところですが、これは不動産投資を行う場合にも同じ様なテクニックとして利用することができます。

企業側も、従業員側も、双方に大きなメリットがありますので、不動産に関して投資を検討しているのであれば、このような活用方法を利用されるというのも一つの手となるのではないでしょうか。

さて、ここまでに挙げたような理由によって、開業医にとっては不動産投資が非常に有用である、ということをお話してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

その他、医師の方にとって有益な情報は、医師転職に関するサイトにも掲載されていますので、ぜひ合わせてご覧頂ければと思います。