不動産投資を行うと言えば、一般的なイメージでいうところの「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の二つを追う事が利益に繋がるという考え方になると思います。

しかし、開業医が不動産への投資を行う上で、果たしてどちらの方法がもっとも資産運用として適しているのでしょうか。

キャピタルゲインかインカムゲインか

不動産投資に関する情報をまとめてみたところ、以下のような結果がわかりました。

まず、現在は基本的に地価の上昇がごく一部において限定的にしか発生しないような経済条件であることから、一般の方がキャピタルゲイン(売却益)を目的として不動産投資を行うのは非常に難しいということ。

キャピタルゲインを狙うのであれば、不動産投資を行うプロでないと難しい状況である。

そのため、現在では一般的にインカムゲインを目的として投資をされる方が多いのが現状ということです。

実際、医師の方や普通のサラリーマンの方のほとんどは、賃貸収入を目的として資産運用されているケースがほとんどですし、税金対策、節税対策として資産運用を考えている方が多いので、必然的にインカムゲインを目的とした運用になってしまうのでしょう。

ただ、将来の医療拠点として投資するという方法もありますので、あくまでも最後はご自身に合わせた運用方法を検討することが必要になると思われます。