続いては新築物件に投資する際のメリットとデメリットについて、ご紹介してまいりたいと思います。

新築物件におけるメリットとデメリット

まず、なんといっても中古物件と比較した際に大きな違いとして挙げられるのは、小額の自己資金でスタートすることできるというもの。

この理由は、もちろん物件の評価次第となるのですが、評価が高い物件であれば、全額融資をお願いする事も可能となるからです。

また、長期空き室保証によるリスクヘッジが可能となる場合もあります。

毎月の家賃が安定して入ってくることを想定して不動産投資は行われるものですが、必ずしもそうなるとは限りませんよね。

そこでこのような保証がついている物件を選べば、安定した運用が期待できるということです。

購入を検討する際には、保証期間がどの程度ついてくるのか、という部分もしっかりと確認しておきたいところですね。

そして、最後に大きな節税対策となるポイントとして、税制上のメリットが大きいというものが挙げられます。

一般的なサラリーマンであったとしても、年間あたり最大120万円程度の税金還付や減額といった効果を期待することができるのです。

開業医の方に新築か中古、どちらの物件がいいかと聞かれれば悩ましいところではありますが、あくまでもご自身の運用スタイルに応じて選ぶのが最も適切と言えるのではないでしょうか。