開業医の方が、もし不動産投資を行うのであれば、覚えておいて損はないのが「事業的規模におけるメリット」の存在です。

不動産投資をもし行うのであれば、その規模が事業的規模(戸建住宅5棟以上、マンションが10室以上程度)となった時に享受できるメリットについて、知っておく必要があるでしょう。

以下に、それらのメリットをご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

事業的規模での不動産投資のメリット

1、青色申告特別控除が利用できる
家賃収入から経費を差し引いたあとの不動産所得より、更に65万円を引く事が出来るので、節税をすることができます。

2、家族への給与を支払うことができる
事業的規模での運用となれば、妻や子供に対指定家賃収入より給与を支払うことができるようになりますので、その金額を経費算入することが可能となります。

3、回収できなかった家賃も経費算入が可能
滞納が続き、回収できなかった家賃があると困りますよね。しかし、事業として認められている場合には、その年の経費として計上することで、所得より差し引くことができます。

この他にも、事業的規模として運用する場合には色々なメリットがあります。

逆に言えば、充分に制度を活用しようと思えば、事業規模として認定されることが必須であると言えるかもしれませんね。