開業医の方が不動産投資を検討する上で、まず最初に覚えておいて頂きたいメリットの一つが「損益通算」です。

損益通算とは

これは、例えば不動産所得の方が赤字となってしまった場合に、その赤字分を他の事業所得等から差し引く事ができるというもの。

例えば、不動産所得において200万円の赤字が出てしまったとすれば、給与所得や事業所得から同様の金額分を差し引く事ができるのです。

損益通算活用の注意点

しかし、ここで間違えたくないのが、どのような赤字であったとしても損益通算ができるわけではないということ。

例えば、別荘等のように生活には必要不可決ではない資産の貸し付けの場合、土地等を取得するための負債の利子に装用する部分の金額で、一定のもの、その他にも損益通算できない例は幾つかあります。

ただ、この仕組みをうまく利用することにより、税金対策としても不動産投資をうまく活用することができるのです。

投資が仮にうまくいかなかったとしても、その赤字分を別の部分で補填できますので、安心して投資できる材料の一つになるということですね。

投資と言えば、失敗すれば損をするというのが一般的なイメージですが、必ずしもそうではない、ということのようですね。ぜひご活用ください。