開業医にとって、資産運用の方法は大きな問題の一つです。本業である医師としての仕事だけでなく、できれば資産を適切に運用しておきたいと、多くの医師の方が考えていらっしゃいます。

さて、投資と言えば株式投資や保険投資、金投資など様々なものが挙げられますが、開業医にとって適しているものを一つ選ぶとすれば、恐らく不動産投資が向いているのではないかと思います。

不動産投資がベストである理由

まず、何故不動産投資が開業医におすすめなのか、そのおすすめの理由について簡単にご説明したいと思います。

医師の仕事は基本的に余程のことがなければ多忙を極める状態が多いもの。

日中、仕事をしている時間はまとまった時間を取る事ができず、リアルタイムでの対応を迫られるものは向いているとは言えません。

そういった点ではFXや株式投資などはイマイチ向いていないものとして考えられます。

しかし不動産投資であれば、短期間に大きく価値が乱高下するようなものではないこと、そして現物に対する投資で安心感があること、この2点が多忙を極める開業医にとっても向いているのではないかと考える理由です。

不動産であれば、基本的にキャピタルゲインを狙っての投資というよりは、賃貸収入などの不労所得を目指す方が無難と思われます。

近年、airB&Bなどの流行で一般アパート等への投資も増えており、外国人向けゲストハウス運営など、不動産に対する注目が集まり出している部分もあります。

手堅く堅調に運用するのであれば、いい選択と言えるのではないでしょうか。